ファッションデザイン

服飾の専門学校の選定方法

専門家としてファッションの業界で勤めていくには、知識とテクニックを服飾専門学校に通学して身に付ける方法が近道です。しかし専門学校により教える中身や方向性など様々です。自身の目指す方向性に適した学校を見出すには、あらかじめ入念にリサーチをしておくことが重要になります。

詳しく見る

ネイル

級を選ぼう

ネイル検定は3級、2級、1級まであります。3級から徐々にスキルアップしていきましょう。また、試験のスケジュールを確認しておくことも大事です。それから、筆記試験だけ合格することも多く、次回は筆記試験免除となります。

詳しく見る

婦人

たくさんの仲間がいる

服飾専門学校は全国各地様々な場所があり、どこもファッションについて勉強したい人が毎年大勢入学しています。学校に入学する人はもちろん全員ファッションを勉強したい人ばかりです。様々な刺激を受ける事ができたという嬉しい声はよく聞かれます。

詳しく見る

ネイルチップ

ネイルはスクールで学ぼう

ネイリストとしての知識を得られるだけではなく、就職先を紹介してもらえるのが専門スクールの大きなメリットです。スクールを卒業してネイル検定に合格すれば、条件のよいネイルサロンで働き始めることができるでしょう。

詳しく見る

洋服

若者に人気の専門学校

最近、服飾専門学校が若者の人気を集めています。ファッションに関することは、若者の関心事ですが、もう一つの理由として、学費が安いという背景があります。そして、学んだ知識を生かしながら働ける機会にも恵まれています。アルバイトしながら学費を稼ぐ若者に受け入れられている学校でもあるのです。

詳しく見る

爪のスペシャリスト試験

ネイリスト

就職にも有利になります

ネイリストは資格がなくても働くことは可能ですが、資格があったほうが知識や技術の幅を広げ、就職にも有利になります。ネイルサロン以外にエステ店や美容室など働く場所も多く、自分で開業もしやすい職業なのでネイル検定受験者は増えつつあります。ネイル検定にはいくつか種類がありますが、1番古く認知度が高いものにJNECネイリスト技能検定があります。3級から1級まであり、実技と筆記試験によって合格を判断します。3級はネイルケアやアートなどネイリストの基本となる試験で合格率は70〜90%ほどです。2級はサロンで通用するネイルケアやアートに関する試験、1級はプロのネイリストに必要となる知識や技術に関する試験で2級以下は合格率は40%〜50%ほどです。ネイル検定は実技試験が難しいと言われ、独学で勉強することも可能ですが、最短で目指すなら専門学校やネイルスクールに通うとよいでしょう。ネイルサロンによっては専門学校卒業を前提にしているところもあります。一般的な専門学校と同じように年間100万円以上の学費がかかります。最近人気が上昇しているのは、JNAジェルネイル技術検定です。ジェルネイルに関する試験であり、初級から上級があります。ネイル検定を持っていると免除される試験項目があります。また国際的に認められるネイルスペシャリスト技能検定もあります。5つの級があり、こちらは学生、ネイル初心者からプロまでが受ける幅広い資格となっています。